スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療問題

この問題って凄く難しいのよね!

臨床医研修制度ってものが

あるんだけど、

田舎で病院を新設しても

その制度があるかぎり、

充実した医療が可能かどうか、

疑わしいのよね・・・



どんな制度かと言えば、

簡単に言うと・・・

医師・・・お医者さんだけど、

自分が医者として、

知識や技術を、

好きなところで勉強してもいい。

・・・この場合は、

「有名大学病院」・・・とか、

のことを言うんだけどね、

そう言うところを

自分で選んで行ってもいいって制度なの。

ってことは、

失礼な言い方になって、

とても申し訳ないんだけど、

そうなると、

田舎よりも都会のほうが、

選択肢が多くなるから、

お医者さんの

一極集中になる現象があるわ。

そこでいいものを見続けた結果・・・

田舎出身のお医者さんは、

はたしてまた田舎に

帰ってきてくれるのかな?

技術は進歩するし、

「学び」に対する

飽くなき探究心があればあるほど、

どこで切り上げUターンしてくるかが、

むずかしくなるんじゃないかな・・・

そうなると、

今のその・・・現状を考えれば、

大田原市内にも

大きいかな・・・と思う病院も

あるわけだけど、

もしも、

日赤病院が移転することがあるなら、

この問題を先に考えることが、

私は先決だと思うのよね・・・

そう言った問題があればだけど・・・

少なからず、

医師がいると言えばいる気もするけど、

いないと言えばそんな気もする。

例えば、

移転をしたとして、

周辺市街地のお年寄りにとって、

どうなのかな?

ここ数年で街中の

ほとんどの開業医が、

閉鎖していくなかで、

外来医療が近くになくなる・・・

そう言うと・・・

「市バス」があるじゃないか!

と声が聞こえてきそうだけど、

そうじゃないの!

「歩いて」いけるかどうかが、

おじいちゃん、おばあちゃんにとっては、

大切なことと私は思うのよ。

ただ・・・今後、近未来的に、

街中に「誰もいなくなる」予定があれば、

その限りではないのでしょうけど。



ライフラインの一つとして、

病院ってあるけど、

この時代に誰が「抱える」にしても、

大変そうだなと思うのが、

現状だと私は考えるわね。

先に言ったことを前提にしたら、

「抱える」とは経営問題であったり、

携わることを指すわけだけど、

とてもデリケートな問題よね。



じゃ、

私が思う医療体制って何か?

これは街中の商いでも同様のことが

言えるんだけど、

高度医療と外来在来医療を

分けるってこと。

専門分野で仕切ることで、

「混乱」が軽減するはず。

極端なものの言い方をすれば、

どうしてもお医者さんの人数が

確保ができないとか、

諸問題を考えると、

そのほうがミスは減るってことだと

私は考えるわね。



でもね、

本当は・・・

色んな分野のお医者さんが

一箇所に沢山いてくれて、

混乱の起きにくい

コンパクトなシステムが

そこにあること・・・

それが、

安心の出発点だと思うのよね。

そこで、

医療関係者の一人一人の負担を

減らしてあげられるんじゃないかな・・・

そのシステムの再構築で、

医療ミスゼロ!に、

近づけるんじゃないかな・・・

そう思うの・・・

私の知人にも

数人医療従事者がいるけど、

いつも疲れた顔してるもんね・・・

この問題は

もっと深く掘り下げると、

もっと色んな問題が出ると思うわね。
スポンサーサイト

テーマ : 那須地域・大田原市のいろいろ情報!
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasusouri

Author:nasusouri
大田原市内に住む、
おばちゃんよ!
今の家計状態に、
泣いてる人が多いのよ。
だから市民の目で見た状態を
市長になる人に声として
届けたいのよ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Baby Clock.1
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。